FC2ブログ
電話で、じゃダメかなぁ?
叔父の気持ちとして、
退院後に入所する介護老人保健施設 (老健)の場所は
住んでいた所以外でも良い?の確認と、

入院費の支払いを待ってもらう件、
 (記事 「退院前・老健入所前に確認しておく事」 参照)

電話で、じゃダメかなぁ~?


そもそも叔父は病院退院後に入る老健について、
「ここがいい」 だの 「住んでいた市営住宅の近くがいい」 だのと言っていない。
老健入所の話が出た時にも特に言っていたという記憶はない。

だったら、
今後も何かと相談にのるであろう叔母のそばがいいだろうし、
その事は、病院のソーシャルワーカーさんも承知しているので、
それを説明するのに、一時間以上かけて高速まで使って病院へ出向き、
恩着せがましく私から言うより、
ソーシャルワーカーさんに説明してもらう方が良くないかい?


また、
滞納している病院の入院費や治療費の支払いを、
後見人が付いたら支払計画書を作成してもらうから、
との条件で支払いを待ってもらうお願いも、まず電話で説明して、
退院の日に、改めて説明とお詫びをすればいいのでは?


と、
この2つの確認事項、電話で何とかなりそうな気がしてきた。


ということで、
病院のソーシャルワーカーさんと事務担当の方に
電話してみようっと。。。 (-ω☆)キラ-ン


スポンサーサイト

テーマ:伝えたいこと - ジャンル:日記

[2018/09/18 22:12 ] | 問題解決 | コメント(0) | page top
退院前・老健入所前に確認しておく事
叔父は病院退院後に
介護老人保健施設 (老健)に入ることに承諾してはいるが・・・
 (記事 「叔父の説得、ようやく完了!」 参照)


確認事項が2つ。

一つは老健の場所、
叔父は、これまで住んでいた地域の老健に入所すると思っているのでは?
叔母が住む市やその隣の市で探していることを
叔父に伝え忘れているので、それはイヤだと言われたら、
叔父が住んでいた住所地で老健を探しなおすことになる。
そんなのはゴメン被りたいが・・・

もう一つは入院費、
病院を退院するに当たり、入院費を現状では支払えない。
ので、
後見人が付いた後、支払計画書を後見人に作成してもらうという条件で、
退院はできるのか? ということ。


いずれにしても、
退院前にもう一度、病院を訪ねなくては・・・

退去検査時に、 (記事 「退去検査に立ち会う!」 参照)
この事に気付けば、改めて病院まで出向く必要はなかったのに!
とても悔やまれてならなぬ。。。 ( ̄▽ ̄;)!!ガーン クヤマレル…


テーマ:思ったこと・感じたこと - ジャンル:日記

[2018/09/17 21:02 ] | 介護老人保健施設 | コメント(0) | page top
法定後見制度 3類型
叔父の後見人は、任意後見制度の方でいいのでは?と思ったこともあるが、
 (記事 「任意では甘い!」 参照)

法定後見制度でのほうで選ぼうとしている。
 (任意後見人と法定後見人との違いは記事 「後見人とは」 参照)


法定後見制度による後見人は、本人(被後見人)の判断能力が、
「全くない」 ~ 「無くはないが不安がある」 の程度順に
  ・後見類型 (支援をする人を 「成年後見人」 と言う)
  ・保佐類型 (支援をする人を 「補佐人」 と言う)
  ・補助類型 (支援をする人を 「補助人」 と言う)
の3類型があり、


任意後見制度では、被後見人が後見人を決めることができるが、

法定後見制度は、家庭裁判所が後見人を決める。
 (家庭裁判所に 「後見開始と後見人選任の申立て」 を行った後に選任)

この「後見開始と後見人選任の申立て」手続きの必要書類に、
医師の診断書があり、被後見人の住所地の家庭裁判により書式がある。
 (記事 「後見人申請手続きは、まだまだ長~い道のり。。。」 参照)


叔父が入所する介護老人保健施設(老健)は、
叔母が住む所の隣の市に決めたいので、
 (叔父の承諾がまだだった (。_。;)コマッテイル・・・)

その旨、司法書士さんに連絡したら、
診断書の用紙をメール添付で送ってくれた。

それを、叔父が入院中の病院に郵送し、書いてもらうことにした。
事務員さん曰く、
  「用紙と一緒に切手も同封しておいてください。
   先生が診断書を書いてくれたら返送します。」

司法書士さんが言うには、この診断書に
「後見相当」 か 「保佐相当」 か 「補助相当」 かのどれかが記入され、
それによって、3類型のどれになるか、ほとんど決まるとのこと。


この時は  (゚~゚)ふぅぅぅん
  そうなんだ。
  どれになるのかな? 
ぐらいにしか思っていなかった。。。


[2018/09/16 22:21 ] | 後見人 | コメント(0) | page top
後見人申請手続きは、まだまだ長~い道のり。。。
叔父の後見人の申請手続きは、できるだけ早くしたいところ。

叔父は、独り身。
そして金銭管理は、入院前からいい加減になっていて、
 (記事 「滞納先とその金額」 「滞納先に一件ずつ電話」 参照)
その上、
入院先の病院からは、認知症の疑いも?と言われているから。


後見人の申請手続きに当たり、相談している司法書士さんが言うには、
 (司法書士さんについては記事 「いざ、司法書士さんの所へ!」 参照)

  後見人になる弁護士さん等は、被後見人の住所地の人。
  今すぐ申請すると、叔父さんの今の住民票の住所地での選任になる。

  退院後に入所する介護老人保健施設(老健)は、
  叔母さん住んでいる市か隣の市で探しているので、
  今選任されると、その後見人はその老健からは遠い所の人になる。
  なので、
  入所する老健が決り、住所を移してから申請手続きをする方がいいのでは?

と。
ごもっとも ∑('0'*)ハッ!


更に、後見人の申請手続きには医師の診断書が必要で、
それは、何かの時に病院でもらう診断書とは違い、
後見人用のもので、申請先の家庭裁判所の書式がある。
なので、
入所する老健が決まったら教えて欲しい、
その住所地の診断書用紙を入院中の病院へ送り、
先生に書いてもらうからと言う。


新しく入所する老健が決まった後、
お医者さんに後見人用の診断書を依頼し、
住所を移して、書類を作成して・・・

後見人の申請手続きは、
まだまだ、長~い道のり C= (-。- )


テーマ:今日のつぶやき。 - ジャンル:日記

[2018/09/15 23:18 ] | 後見人 | コメント(0) | page top
ゴミ屋敷の中の探し物
話は前後するが、
叔父に頼まれていた探し物は
  ・腕時計,入れ歯 (「腕時計と入れ歯」,「みたび、ゴミ屋敷へ」参照)
  ・パソコン,プリンター,リクライニング椅子 (「お願いの電話は憂鬱」参照)
  ・信楽焼湯呑みセット,バスのミニチュア (「探し物、まだあったの?」参照)
  ・大事そうな書類 (「4度目のゴミ屋敷」参照)

これらを自力で見つけることは出来なかったので、
片付け業者さんに依頼していた。

依頼の物はありましたか?の確認と受け取りは、退去検査の日。
また、その日に片付け代金の支払いもする。


退去検査の日、 (「退去検査に立ち会う!」参照)
検査員さんが帰った後、業者さんが色々と持って軽トラックで現れた。

探し物の依頼品の中で、
無かったのはリクライニング椅子とバスのミニチュア。
後の物は、しっかり探していてくれた。


まず、腕時計。
3個も見つけてくれた。
 (叔父が探して欲しかった物はこの中のどれかに違いない!)


そして、入れ歯。
探し出してくれたが、上? 下? のどちらか一方。


パソコンは3台。プリンターは2台。
その内、どう見ても壊れている物を除くと一台ずつになった。


信楽焼の湯呑みセットは、
洋室のタンスの上を見た時に、みつけた物と同じもの。
 (記事 「4度目のゴミ屋敷」 参照)

汚れているので、洗って漂白剤につける等の処置をしたら何とか使えるかも?
でも、叔父はそんなことはしないだろうから、
使えるようにするのは私か叔母。

使えるようにしたところで、叔父が使う場面を想像できない。。。
なので、持ち帰っても無駄と判断し、処分してもらうことにした。

信楽焼の湯呑みセットを探してと依頼していたので、
業者さんは、他の食器も取っておいてくれた。
ガラスのコップセットや5客組のお茶碗などなど、
叔父が食器棚の上にしまってあった物のほとんどをとっておいてくれた。

業者さんにしてみれば、そうだろう。
信楽焼の湯呑みと言われて、たぶんこれだろうという訳にはいかない。
疑わしい物を全て取っておいてくれたのだった。
どれも洗って殺菌しないと使えない物ばかりで、処分をお願いした。


最後は、大事そうな書類。
これも色々と取っておいてくれたが、必要なものはなかった。。。


とういうわけで、
業者さんにはたいそう骨を折ってもらい、とても有難かった。

その中で、受け取ったのは、
腕時計,入れ歯,パソコン(1台),プリンター(1台)のみ。
後は処分してもらうことになり、とても申し訳なかった。


探し物を依頼した叔父は、私の説明だけでは、
半分しか探してくれてない!と納得しないだろう。
が、
業者さんが探し出してくれた物が
山ほどあった現物を見た私は、十分すぎるほど探してもらったと感謝!


片付け業者さんを選ぶ時、
叔父の部屋の近くの業者さんにして
良かったぁ~と、つくづくて思ったのでした。。。 v( ̄Д ̄)v イエイ


テーマ:思ったこと・感じたこと - ジャンル:日記

[2018/09/12 22:55 ] | ゴミ屋敷 | コメント(0) | page top
| ホーム | 次のページ>>