FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告 | page top
消えた筋書き
叔父の法定後見制度による
後見人申請の為の主治医の診断書が出た。

結果は、「後見相当」。

後見相当という事は、
本人(被後見人)の判断能力が全くないという事。
 (後見人の3類型については、記事 「法定後見制度 3類型」 参照)

「本人の判断能力が全くない」 という事は、
本人による後見人の申請は出来ないという事になる。


後で知った事だが、
司法書士さんの後見人申請の筋書きは、
 1) 主治医の先生による診断書は 「保佐相当」 or 「補助相当」
 2) 叔父が申請人になり後見人の申請をする
 3) 叔父には申請書を書く能力が無いので司法書士さんが作成し申請
 4) リーガルサポート利用で申請経費は叔父の収入額により軽減される

この筋書きが、最初の段階で崩れ去ってしまった。
司法書士さん・・・  ( ̄▽ ̄;)!!ガーン


司法書士さんは叔父に会った時、しっかりしている印象だったから、
「後見相当」 は無いだろうと踏んでいたと言う。

しかも病院としては、
叔父が経済的に困窮してる事も、親族もお手上げな事も分かっているし、
リーガルサポートを頼っていることも知っている。
「後見相当」 では、リーガルサポートを頼る意味がないのも分かっているので、
「後見相当」 を出すことはないだろうと思っていたと言う。


私は、リーガルサポートや後見人制度の事をあまり理解できていなかったので、
司法書士さんにがここまで考えてくれているとは思っていなかった。

司法書士さんは、
経費を出来るだけ抑えようとしてくれていたのだ。

この事を司法書士さんから聞いて知った私も・・・ ( ̄▽ ̄;)!!ガーン


後見人の申請は、
ぼんやりとだが、叔父がするものだと思っていた。。。
叔父には出来ない! となると、いったい誰がするの ( ゚д゚*)エッ!


スポンサーサイト

テーマ:日々のできごと - ジャンル:ライフ

[2018/09/20 23:02 ] | 後見人 | コメント(0) | page top
法定後見制度 3類型
叔父の後見人は、任意後見制度の方でいいのでは?と思ったこともあるが、
 (記事 「任意では甘い!」 参照)

法定後見制度でのほうで選ぼうとしている。
 (任意後見人と法定後見人との違いは記事 「後見人とは」 参照)


法定後見制度による後見人は、本人(被後見人)の判断能力が、
「全くない」 ~ 「無くはないが不安がある」 の程度順に
  ・後見類型 (支援をする人を 「成年後見人」 と言う)
  ・保佐類型 (支援をする人を 「補佐人」 と言う)
  ・補助類型 (支援をする人を 「補助人」 と言う)
の3類型があり、


任意後見制度では、被後見人が後見人を決めることができるが、

法定後見制度は、家庭裁判所が後見人を決める。
 (家庭裁判所に 「後見開始と後見人選任の申立て」 を行った後に選任)

この「後見開始と後見人選任の申立て」手続きの必要書類に、
医師の診断書があり、被後見人の住所地の家庭裁判により書式がある。
 (記事 「後見人申請手続きは、まだまだ長~い道のり。。。」 参照)


叔父が入所する介護老人保健施設(老健)は、
叔母が住む所の隣の市に決めたいので、
 (叔父の承諾がまだだった (。_。;)コマッテイル・・・)

その旨、司法書士さんに連絡したら、
診断書の用紙をメール添付で送ってくれた。

それを、叔父が入院中の病院に郵送し、書いてもらうことにした。
事務員さん曰く、
  「用紙と一緒に切手も同封しておいてください。
   先生が診断書を書いてくれたら返送します。」

司法書士さんが言うには、この診断書に
「後見相当」 か 「保佐相当」 か 「補助相当」 かのどれかが記入され、
それによって、3類型のどれになるか、ほとんど決まるとのこと。


この時は  (゚~゚)ふぅぅぅん
  そうなんだ。
  どれになるのかな? 
ぐらいにしか思っていなかった。。。


[2018/09/16 22:21 ] | 後見人 | コメント(0) | page top
後見人申請手続きは、まだまだ長~い道のり。。。
叔父の後見人の申請手続きは、できるだけ早くしたいところ。

叔父は、独り身。
そして金銭管理は、入院前からいい加減になっていて、
 (記事 「滞納先とその金額」 「滞納先に一件ずつ電話」 参照)
その上、
入院先の病院からは、認知症の疑いも?と言われているから。


後見人の申請手続きに当たり、相談している司法書士さんが言うには、
 (司法書士さんについては記事 「いざ、司法書士さんの所へ!」 参照)

  後見人になる弁護士さん等は、被後見人の住所地の人。
  今すぐ申請すると、叔父さんの今の住民票の住所地での選任になる。

  退院後に入所する介護老人保健施設(老健)は、
  叔母さん住んでいる市か隣の市で探しているので、
  今選任されると、その後見人はその老健からは遠い所の人になる。
  なので、
  入所する老健が決り、住所を移してから申請手続きをする方がいいのでは?

と。
ごもっとも ∑('0'*)ハッ!


更に、後見人の申請手続きには医師の診断書が必要で、
それは、何かの時に病院でもらう診断書とは違い、
後見人用のもので、申請先の家庭裁判所の書式がある。
なので、
入所する老健が決まったら教えて欲しい、
その住所地の診断書用紙を入院中の病院へ送り、
先生に書いてもらうからと言う。


新しく入所する老健が決まった後、
お医者さんに後見人用の診断書を依頼し、
住所を移して、書類を作成して・・・

後見人の申請手続きは、
まだまだ、長~い道のり C= (-。- )


テーマ:今日のつぶやき。 - ジャンル:日記

[2018/09/15 23:18 ] | 後見人 | コメント(0) | page top
叔父の説得、ようやく完了!
叔父の説得は不可能かに思えたが、
そこは百戦錬磨のソーシャルワーカーさんや司法書士さん、
後期高齢者に突入した人生経験豊富な叔母がいる。

私がブチギレた後、 (記事 「叔父にブチギレ!」 参照)


叔母は涙ながらに、
もうこれ以上は、金銭的支援は出来ないと伝え、
自分の収入内で生活して欲しいと訴え、

ソーシャルワーカーさんは、
入院中のリハビリで、自力で歩けるよう回復するのは無理だろうから
退院後はリハビリができる老健に入ったらいいのではと助言し、

司法書士さんは、
それぞれの滞納先にちゃんと返済できるような返済計画書を
叔父の収入を考慮して、作成することが大事で、
その為にも、後見人をぜひ付けるべきだと力説し、

主治医の先生は、
リハビリをさぼっていることが多いようだが、
今後の為にも、真剣にリハビリに取り組むようにと諭しながら、
後見人申立には診断書が必要なので、皆の話を聞くことに徹している。


そんなこんなで、叔父もなんとか納得した様子。。。

叔父の甘い見解の主張に振り回されて、
話が何度も振出しに戻り、時間だけがただ過ぎていくという
不毛な話し合いも、ようやく終わりが見え始めた。


司法書士さんは、
後見人の段階が 「補佐」や 「補助」 になるかもしれない事を考え、
叔父に 「本人の同意書」 を見せてサインをしてもらっている。

ソーシャルワーカーさんは退院後に入所できる老健を探さねばと言い、

叔母は叔父に、
  ・後見人を付ける事
  ・市営住宅を退去する事
  ・退院後は老健に入る事
これらを念押ししている。

私はというと、
やっと帰れると、ただただ安堵していた ( ̄。 ̄)ボーーォ


テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

[2018/08/01 23:23 ] | 独り身の老後 | コメント(0) | page top
叔父にブチギレ!
叔父を説得の為、入院先の病院へ行く日の
前半のスケジュールは済んだ。 (記事 「再びゴミ屋敷へ!」 参照)

残っているのは、
   1) 入院・治療費の滞納分の請求書受け取り
   2) 病院で話し合い (叔父の説得 (住居退去・後見人の件)
       (参加者 : 主治医,ソーシャルワーカー,司法書士,叔母,叔母の長男の嫁,私)


1) は、病院の受付へ行き、直ぐに済んだ。
が、
返済計画書を書くように言われたので、それは待ってもらった。

後見人を付ける予定で今日叔父を説得に来た事、
なので後見人に返済計画書は作ってもらおうと考えている事を
話した。


2) は手こずった。

叔父は自分の現状を理解できてる?
私が作った滞納一覧表、大きな字で書いているけど、ちゃんと見えてる?

と、疑問に思うくらい、
退院後は自宅(市営住宅)に戻り、元の生活をしたいと言う。


頭にきて、
  「誰があのゴミ屋敷を綺麗にするの?」
  「あのまま住むの?」
  「あの部屋を車いすで生活できるの?」
  「いっぱい滞納しているけど、ちゃんと払えるの?」
  「もう誰もお金は貸してくれんよ!」

と立て続けに叫んでしまった ∑('0'*)ハッ!


叔父は何をどう勘違いしたのか、
司法書士さんが、沢山の滞納を何とかしてくれる軽減してくれる
と思っているようなことを話す。

皆が叔父を説得している話の中で、
自分にとって都合のいい部分だけをつなぎ合わせ、
そういうことを作り上げていくのか・・・

もうブチギレた!
  「何アマイこと言ってんの! そんなこと出来るわけないじゃん!」
  「生活保護の申請はしたけど、通らんかったっちゃろ!」


大丈夫か説得!?  ヾ(_ _。)ハンセイ…


テーマ:非常識な出来事 - ジャンル:日記

[2018/08/01 15:46 ] | 独り身の老後 | コメント(0) | page top
| ホーム | 次のページ>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。