いざ、叔父の所へ! (その1)
叔父が入院している病院のソーシャルワーカーさんと電話。

ソーシャルワーカーさんに丸投げした介護認定、
 (記事 「ソーシャルワーカーさんって?」 参照)
これは終わっていて、要介護4とのこと。


そして病院に行く日を叔母の都合がいい日に合わせ調整をした。
 (叔母は誰?というのは記事 「叔父、入院!」 参照)

ソーシャルワーカーさんの他、主治医の先生も同席してくれるとのこと。


ソーシャルワーカーさんの話では、
  ・後見人の話をすすめてくれないか?
  ・退院後はとりあえず介護老人保健施設(老健)に入るのでいいか?
この2つをその日に進めたいとのこと。

そう、病気が治ったら病院には長くはいられない。
3ヶ月が限度か・・・


そして、叔父の希望で、自宅(賃貸アパート)に必要な物があり
それを取りに行きたいので、自宅へ連れていって欲しいとのこと。


これらを済ますには、
病院の昼食が終わった12時半過ぎに病院へ着き、
叔父を自宅へ連れて行き、その後また病院へ戻り、
ソーシャルワーカーさん・主治医の先生との話をするのは15:00。


そのような約束を取り付け、叔母に
  ・病院へ行く日
  ・我が家の近くの高速バス亭に10時半ぐらいには着いて
と伝えた。


これで私の役目は終わり!のはずたっだ・・・ (。_。;)ダッタ…


スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:日記

[2018/07/05 22:37 ] | ソーシャルワーカー | コメント(0) | トラックバック(0) | page top
ソーシャルワーカーさんって?
ソーシャルワーカーさんて何をする人?と思いながら、
思い悩んでも仕方ないので病院に電話し、担当のソーシャルワーカーと話した。

病院のソーシャルワーカーさんは、
患者の困りごとの相談にのってくれる人だった。
介護保険制度の説明や、入院費の心配の相談などなど。


叔父の場合、車いすでの生活になってしまっているので、
退院後は介護が必要、なので介護保険制度を利用しては?と。

介護保険制度を利用するには
まず、「要介護認定」の申請を市にすることから始まり、

その後、市の調査員さんの訪問があり・・・


等々の説明をソーシャルワーカーさんがしてくれるのだが、
ちょっと難しそうだったので、

「それは、ソーシャルワーカー〇〇さんが手続きしてくださいますか?」
「市の調査員さん訪問って、病院で受けられますか?」

と、ソーシャルワーカーさんに丸投げしたのでした m(_ _;)m オネガイシマス!


テーマ:介護保険・ケアマネのこと - ジャンル:福祉・ボランティア

[2018/06/23 16:15 ] | ソーシャルワーカー | コメント(0) | トラックバック(0) | page top
| ホーム |