リーガルサポート
叔父の自宅から病院へ戻ってからは、
ソーシャルワーカーさんと主治医の先生とを交えての話し合い。

  (記事 「ゴミ屋敷」 参照)

まず解決すべきは 「後見人」 の事という、ソーシャルワーカーさん。


だが、
たった今、見てきたゴミ屋敷、その余韻は強烈で、
叔母や義叔父の思考回路は 「後見人」 について話す用意が出来ていない。

内にたまった何かを吐き出してしまうまでに時間がかかり、
話はしばらくの間、あっちへ行ったり、こっちへ来たり・・・


とめどない話の中で、何とかソーシャルワーカーさんが、
「後見人」について話をした中で分かったのは
リーガルサポートと言う所に電話して、そこの司法書士さんと相談せよ。
ということ。

リーガルサポートは、
成年後見制度に関して相談できるところで、
司法書士さんが相談にのってくれるとのこと。


要は、介護認定の時のように
病院のソーシャルワーカーさんに丸投げはできない!
親族で何とかしなければという事。。。 ( ̄▽ ̄;)!!ガーン

叔母ちゃん、 大丈夫? できる? 


スポンサーサイト

テーマ:報告・レポート - ジャンル:日記

[2018/07/12 23:33 ] | 後見人 | コメント(0) | page top
| ホーム |